カテゴリー : Uncategorized

自由エネルギー原理はPhenomenalをどう扱うか

3月7、8日に開催さ入れた人工知能学会と協調的知能共同研究講座共催のシンポジウムで、乾敏郎先生の自由エネルギー原理についての発表を聞いた。三宅陽一郎さんから、昨秋出たばかりの乾先生のご著書『感情とはそもそも何なのか』をお勧めされて直ちに読んだ時のインパクト。そして、すでに読んでいた上であってなお、乾先生のトーク自体が非常に明晰かつダイナミックで、あらためて圧倒された。

学会全体を通じて感じ続けたこと。他の講演や発表もそうだったが、普段「哲学」の学会で話を聞いている自分からすると、制御されたフォーマットでデータを収集し解析して「こうと分かりました。(マル)」と出るのはやっぱり素朴に感動するし、そうした仕事に携わっている膨大な数の研究者達が、私たちの知識の限界を押し広げていってくれているのだということをつぶさに実感出来、込み上げてくるものがある。そして尊敬の念を新たにする。忘れちゃいけない。

そうした発表を聞きながら、ずっと、頭の中でこだましていた。「哲学はなにをやっているのか」。この大きな課題を忘れることなく進んでいきたいと思う。

さて。話を戻す。

最近の吉田正俊さんと田口茂さんの論文や、それを含む神経回路学会の特集、また1月に参加したCoRNなど意識研究のなかでどんどん目立つようになってきた自由エネルギー原理については、まだ自分でもよくわからない部分も多い。わからないなりに、疑問もあるのでメモとして残しておく。

1)手続き型記憶の無意識化について

運動生成してからのフィードバックで補正していたんじゃ間に合わない。遅延とノイズのせいだ。なので健常では同時に予測機構が働いている。ところが催眠状態や「させられ体験」では、運動生成だけ生じて予測側が働かない。だから、この予測機構が自己主体感(≒意識)を担っている。なるほど。

たしかにこれはいくつかの重要で特徴的な事例を説明する。したがって、それは(想定される水準の)意識にとって必要条件にはなっているだろう。だが、十分条件になっているか。

例えば習熟した習慣行動では、明らかに現象的意識は減退する。この場合も(というかこの場合こそ)、予測機構は走っていて十全に役割を発揮しているだろう。すると、「予測誤差を最小化すること」が意識だというよりも、「最小化できていない分だけ意識がある」と言いたくなる。少なくとも(意識を減算的に捉える)ベルクソンならそう言いたくなる。

この点に関連しては吉田・田口論文p.65で、系統・個体発生レベルではなく至近メカニズムという批判がすでにあって、それに対しては彼らのモデルはちゃんと後者を含んでいると応答されているが、であるならなおさらこの事例をどう説明するか伺ってみたい。

2) 発散するケースをどう説明するか

創造性の論点に関わる。例えば、文脈からあえて逸脱した無意味行動を取ってみたりできる。自分でもどうなるか分かってない、からこそやる。着地点(オチ)なしのイレギュラー言動。しかも意図的に。

普段の見え方を変えたい。その時に意図的に「見方を振る」わけだが、そうして得られる新しい洞察がどういうものか分からないし、そもそもそんなものが得られる保証もない、がやる。意図的に。

これに対して、FEPはあくまで原理であり、基本となる枠組みを提供するものという答えは、ありうると思う。

ベルクソンとしても、まずは(収斂的な)有用性原理としての「生への注意」が人間を含む生物全体の経験をデフォルトで制約していると考えている(知覚に対しても記憶に対してもこの原理が検閲として機能する)。他方で、これに拮抗する「拡張の努力」(あえて認知コストを上げる)ができるというのは、一部の高等動物に限られる。遊びや芸術や科学を可能にしたのはこれゆえと考えている。だから、たしかに進化的には二次的ではある(しかし個人的には個体への実装としては最初から組まないとダメという立場)。

3) 原理ではなく、機構としての実装はどうなってるのか

予測誤差最小化原理を仮定すると、非常に高い整合性でそれにフィットしたかたちで「記述」できる。これは素晴らしいことだと思う。

そこで浮かぶ素朴な疑問として、こうした予測機構が実際に発動する場面で、サプライズを増やすのではなく、維持するのでもなく、「最小化させる」ように制御する仕組みは、いったいどう実装されているのか。AIならそう書けばいい。脳ではどこに組まれているのか。制御を担う局所的な器官があるというのでなければ、進化の産物として脳全体の構造設計上の制約というかたちで実現しているという感じだろうか。

しかし、もし、人間において、予測誤差を意図的に最小化しない、あるいは場合によってはむしろ増やす方向に動くケースがあるとすると、この原理そのものをhard wiredというわけにはいかないだろう。他方でまた可変だとして、誰が変化させているのだろう。

ざっとこんな感じ。

最後に上の疑問に関連するとおもう表象と現象の区別。

意識という言葉を使う時に、representationalとphenomenalを区別しないと話が錯綜すると思う。これは自戒を込めて。たしかに、起源論的に辿った時に「(本来的)表象を獲得したところから意識が生じた」と仮定する立場にとっては、ちょうどその二つが共外延的になってしまうので潰れがちだが、概念としてはちがう(separatismを採るかかどうかはまた別)。

一方で、representationを持つということは、それを持たない(つまり環境とのactualなrelationだけでやっている生物)との対比であって、他方で、phenomenalを持つということは、intrinsicな性質をもつ(what it is likeを内的に享受している)ということで、両者は概念として独立。実際、relationalしか持たない原初的な生物がphenomenalを(もちろん相応に原初的なそれ)持つことも可能だし、representationを持つが phenomenalを持たないマシンも十分ありうる。(もちろんどちらも否定する「立場」はありえます。)

1で「(想定される水準の)意識」と書いたのはそのため。習慣行動でいくらゾンビ化しているといってもそこに「何らかの感じ」としてphenomenalはたしかに残存する。だがそれは心的に表象体験しているときのphenomenalと混同できないはず。脳内回路的には内部表象が走って機能していても、本人の現象的には表象は抱いていないケースがあるということ。

20190312追記:

その後、田口さん、吉田さん、島崎秀昭さん、@mambo_babさんからレスをいただいた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

やりとりを通じて、お二人のアプローチの独創性もより見えてきたし、自分の疑問もクリアになった。
吉田ー田口論文は、会員向けだから入手しにくいけれども、吉田さんのブログでスライドなども公開されているので、そこからより詳細かつアップデートされた内容を見ることができますので、激しくお勧めします:
http://pooneil.sakura.ne.jp/archives/2019/02.php

広告

過去の保存問題

たまには議論。丸山隆一氏が以下のブログ記事で、「物理学にとって記憶とは何か」というテーマを論じられている。

https://rmaruy.hatenablog.com/entry/2018/09/23/223511

これは過去の保存問題に直結する予感がしてコメントしたところ、以下のお返事で確信に。

しかし、まさにこれを論じた平井論文(「時間は何を保存するか」『ベルクソン『物質と記憶』を再起動する』2018年12月所収)が、テクスト解釈や色々と文脈を取り込みすぎて回りくどい議論になっており、ベルクソン研究者以外には(研究者にも?)たいへん読みにくいと評判(無念)。

というわけで、非専門家向けに骨子だけシンプルにまとめておくのも有益かもしれないと思って以下に記します。まず、問題のありかを示す一箇所だけはいちおう引用しときます。

「脳という物質のなかには、一時的に変動するだけの状態(a)があり、また痕跡として中長期的に維持される状態(b)がある。前者と後者の違いを、現在(t1とする)の物質としての脳神経(a@t1, b@t1)だけに訴えて説明することはできない。それぞれの先行する状態(a@t0, b@t0)と比較して、変動したか維持されているかが分かり、維持されているものが痕跡と言われうるからだ。ところでこの先行する状態(a@t0, b@t0)は、どこにあるか。現在の物理的痕跡と別に、この先行する物理的痕跡が同じように物質として保存されていると認めるか(この場合にはこの先行状態もタンパク質でできているので通常の観測機器で観察することができ、記憶力という特別な力は必要不要になるというメリットがあるが、物質が時間分保存されて増え続けるのは不条理だろうとベルクソンは考えている)、さもなければ、結局は研究者の記憶力に訴えることになるからだ。記憶力を説明するはずの痕跡が、実は記憶力を前提する 。」平井(2018)「時間は何を保存するか ベルクソンにおける出来事個体の数的同一性の創設とイメージの問題」『ベルクソン『物質と記憶』を再起動する』226頁(「必要」は書籍のタイプミス)

で、どういう議論になっているかというと、まず、一番ギリギリまで簡略化したバージョンを示します。二択。

問題:ある脳の状態が、(ただの現在事物ではなく)「痕跡である」とはいかにして可能か。
答え:「痕跡である」ことは「異時点間」関係を含意するので、現在だけからこの関係を実在的に根拠づけることは原理的にできない。ゆえに、痕跡は非実在的フィクションであるか、あるいは実在であるなら相関者である別時点の存在を何らかの仕方で用意することが必要。
〔念のため述べておくと、物理学者が「一般化された多時点」の物質を扱うとき、「地図は土地ではない」で言う「地図」の話で、それに対して、ここで「実在」と言っているのは「土地」の話※〕

次に、論文で出した場合分けバージョン。問題をもうすこし一般化して、答えをより細かく四択に。

問題:何であれ何かが過去から存続しているという事態はいかにして可能か。
答え:以下のいずれか
⑴ 現在瞬間しか存在しない物質では説明できないので神の誠実に訴える(デカルト連続創造説)
⑵ 過去の物質の存在も認める。(少なくとも成長ブロック型の)四次元主義。
⑶ 過去の非物質的な存在を認める。(ベルクソン)
⑷ 過去の存在をいかなる意味でも認めない。(過去は(人力で正当化された)フィクション)

⑴は神力で正当化されているので、神さえ認められる人には有力。そうでない人は以下の三択。
⑵のメリットは、「物質以外を認めなくて良い」「現在と連続的」。デメリットは「物質が増え続ける」「過去の物質をどうやったら観測できるのか」などか。
⑶のメリットは、⑵のデメリットを避けられる。デメリットは「形而上学的な匂いがする」などか。
⑷のメリットは、「物質以外を認めなくて良い」(存在者コストが一番安い)。デメリットは、相当技巧的になる(説明のテクニカルなコストが高い)。

どれにしても一長一短なわけで、どう選ぶかは、いろんなコストや長短をどう見積もるかに依存するかと。ベルクソン自身は、「存続・保存」が実在に根拠づけられていることを他の様々な文脈からも重視する理由を持つので、相対的に⑵⑷のような物質主義へのこだわりが低く⑶を採っているのではないかというのが平井論文での整理。
(この「保存されている過去」が、脱心理化されているという意味で「純粋記憶」と名付けられている)

なおベルクソニアンとして⑶のデメリット(「非物質的」て何言うてるの)を軽減するべく弁護するなら、以下のような感じ(丸山氏へのメールより)。

「物質でないしかたで」にギョッとする人が多いのですが、別にスピリチュアルなものを持ち出さずも、物質に先行する中立的存在者で第一次的には宇宙は構成されていると考えたうえで、それを「ある仕方で」切り出したのが物質であるという考えです。ベルクソンはこの中立的実在をイマージュと呼んだりしていますが、別な仕方で(情報とか)考えても良いと思います。
〔なおこの方略は時間問題だけでなく、心身問題や心の発生論で他にも随伴するメリットが大きく、トータルで有用なものとベルクソンは採用。〕

そうすると、実在を、現在の物理学と整合するように「ある特定の仕方で」(例えば準同時性で)切り出したものを「物質と定義する」ということになり、別な仕方、例えば時間次元方向に切り出せば、「定義によって」物質ではない「ということになる」、という感じです。

そうして、この時間次元の方から、心の発生を組み立てていく。ここからは持続と心理的な記憶の話になっていきます。


さて、丸山氏のブログ記事では、痕跡の問題は、時間の「一方向性の問題」から説き起こされていました。こちらの問題も基本的に同型と思います。

よく指摘されるように、エントロピーで「一方向性」を説明すると称する議論は、多くの場合循環を隠していて、うまく行ってない。統計的解釈ならしばしば指摘されるように双方向的だし、過去仮説なんて、初めから過去を使っている(しかも自分で堂々と名乗っている)、露骨な循環。ビッグバンが低エントロピーとか言って、そもそもなぜビッグバンが「過去側」なのか(そのビッグバンに向かって進んでいるのではなくて)というのを問題にしているときに!

つまり、ほんとうに物理だけに訴えるなら一方向性が出てこないのが正しいのだと思います。
そして、それが議論の終わりではなくて、問題はまさにそこからで(丸山氏の展開する通り)。つまり、記憶や時間の経過というわれわれが直観的に採用している世界の時間構造の説明責任が残る。ここでも議論は、簡略化すれば二つに一つで、

・(物質しか存在しないのだから)「ほんとうは」非対称性なんて存在しないと突っ張るか、
・物質とは別なしかたで成立していると考えるか、
の二択になる。


ここまで書くと、先日全文公開した「時間の何が物語えないのか」で展開した「計測の循環」と持続(質的計測としての経験)の話も。

「例えば、何らかの運動を振り子時計で計るとしよう。振り子時計の一振りと次の一振りが時間的に等間隔であるかを、振り子時計自身は計測することができない。そこで振り子運動の斉一性を、別な時計の秒針で確認したとする(並置による計測)。では今度は、この秒針のチクとタクが等間隔であるかをどう確認しよう。質的には確認できる。しかし量的な確証が欲しい。ならば並置的計測を続けるか、あるいは物性の仮定上の斉一性に投げる他ない。つまり、別な運動体との並置による計測は、どこまでも「空回り」するように思える。だが、この空回り自体が、第四次元方向に量としての客観的な時間間隔というものが実在しているという(ベルクソンによれば)誤った仮定による描像に起因する。そこで、2つの選択肢がある。時間〔引用注:ここでは時点間の「間隔」のこと〕が実在であること自体を否定して、時間についての規約主義を採るか、あるいは、時間は実在であるが量ではないしかたで実在すると考えるか、である。ベルクソンは後者である。」平井(2017)「時間の何が物語りえないのか」『時間学の構築II 物語と時間』45頁。

ベルクソンの原典は研究者にとっても非常に難解で、私による以上の再構成も、なお根本的に間違っている可能性ももちろんあります。

しかし、ベルクソンが主著『物質と記憶』で、記憶という一見心理学的な問題から、過去の存在・時間そのものの実在という存在論的な問題に入っていったのはまぎれもない事実で、それと同じ歩みを、丸山さんの議論に見て取れたのには感銘を受けました。


※少し調べると「地図は土地ではない」というのは元はAlfred Korzybskiの言葉で、いろんな意味が含まれているようだけども、ここでの意図は、「表象はその対象ではない」(仮に表象がその対象と「適切に/機能的に対応している場合でも」、前者は抽象的構築物であって後者とは存在論的に混同してはならない)ということ。

平井(2017)「時間の何が物語りえないのか」

時間学研究所の論集『物語と時間』所収の下記拙論を公開。

平井靖史(2017)「時間の何が物語りえないのか——ベルクソン哲学から展望する幸福と時間」(pp. 37-58) PDFファイル

時間が計測不可能であるとはどういうことか、速さ逆転問題など、できるだけ身近な事象を例に、ベルクソンの持続論からどのように論じられるか。時間意識や経験と幸福や美学の関係に関心のある方々にも読んでいただければ嬉しいです。

(「心と記憶力——知的創造のベルクソンモデル——」(『人工知能 特集 意識とメタ過程』33巻4号、2018年7月、508-514. 本文PDF)は科学・工学向けの論述)

同書は、「時間学の構築」シリーズの第二弾で、このほかに哲学からは山口尚さんの「物語・行為・出来事 野家と井頭の物語論的自由論を媒介にして」をはじめとして、文学研究、社会学、美術史などの観点から、物語と時間を掘り下げる魅力的な論考が詰まっています。序文は青山拓央さん。未見の方は、是非手に取られてみて下さい。 amazonリンク

公開に際して、寛大な許可をいただきました時間学研究所、および版元である恒星社厚生閣に感謝いたします。

『ベルクソン『物質と記憶』を再起動する』刊行

三年間、分不相応な国際協働研究の代表を務めさせていただき、多くの学びを得ました。素晴らしい研究者のみなさんとかけがえのない出会いを得ました。感謝しかありません。

一応の完結編となる三冊目を出版できた今も、まだ実感はついてきませんが、それよりも今は、この先に見えてくるはずの新たな研究の形に、ワクワクしています。

(売り切れていた一冊目の『解剖』も増刷となりました。この機会に三冊コンプお願いします)

Twitter始めました→右に表示

OneNoteがよい。

メモやノートを記録するのはキーボードだけど、思考をほじくってる(クリエイティブモードmp)ときは、手書きがよくて。
iPadではペンを多用するのですが、ノートは色々試してOneNoteに落ち着いています。
写真のように、画像を貼り付けても、シームレスに手書きできる。もちろん打ち込みもできる。実物の原書にマーカーで引くと、引き直しは無理だけど、できる。
iPadはでかい方。ゲラもPDFのまま朱入れして送り返せる。
論文読むのは、Dropboxに収集して、それをiPadからは標準の「フォルダ」から開くのがポイント。そのままOSの書き込み機能でPDFに書き込めて、勝手に保存される。もちろん同期されるのでパソコンで同じファイルを開けば、書き込みも見える。

DropboxもBoxもiCloudもOneDriveもGドライブも、「フォルダ」から開けるので便利。
ファイルビューが探しにくいのをバージョンアップで改善して欲しい。

人工知能学会誌

https://www.ai-gakkai.or.jp/vol33_no4/

  • 「心と記憶力——知的創造のベルクソンモデル——」『人工知能 特集 意識とメタ過程』33巻4号、2018年7月、508-514

今号の「意識とメタ過程」特集の『人工知能』に寄稿させていただくことになりました。

『『物質と記憶』を診断する』に脳神経の時間圧縮について論じて下さった太田宏之さん、2018年刊行予定の最終刊『『物質と記憶』を再起動する』に寄稿いただいているゲーム人工知能の第一人者・三宅陽一郎さんと三人で2017年4月に応用哲学会でやったワークショップがベースになっています。

発行されていますが大型書店に並ぶのは少し遅れるそうです。

2018/07/10追記

雑誌『人工知能』の平井論文が以下でダウンロードできるようになっています。期間限定で無料とのことです。
https://jsai.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=9333&item_no=1&page_id=13&block_id=23

 

日仏哲学会でPBJ総括のワークショップ&第42回ベルクソン哲学研究会

日仏哲学会2018年春大会の前日ワークショップにて、三年間の第三期PBJ『物質と記憶』の総括を行います。

題目:「拡張ベルクソン主義は何をなしえたか・なしうるか——PBJ 2015-2017『物質と記憶』の総括と展望」 日時:2018年3月23日(金)16時30分−19時30分

会場:南山大学 名古屋キャンパス R棟56教室

司会進行役:安孫子信(法政大学)

コメント:安孫子信(法政大学) 杉村靖彦(京都大学) 三宅岳史(香川大学) 岡嶋隆佑(慶應大学) 米田翼 (大阪大学)

応答者:平井靖史(福岡大学)

http://matterandmemory.jimdo.com

http://sfjp-web.net/news/pastnews/%E4%BC%9A%E5%A0%B184%E5%8F%B7.pdf

++++++++++++

第42回ベルクソン哲学研究会のお知らせ

日時 : 2018年3月25日(日) 13:00より
場所 : 名古屋市立大学 1号館(人文社会学部棟)409教室(4F)

平井も含め五名が発表します。

広告