グルノーブルWS:Remembering: Analytic and Bergsonian Approaches

S__52052029

グルノーブルでの記憶の哲学ワークショップを終えて帰国。
現地の記憶の哲学センター(CPM)のカーケン・マイケリアンと共同で開催した今回の企画は、これまで断絶されていた2つの伝統、分析系の記憶哲学とベルクソンにおける記憶の議論を橋渡しする実験的な試み。CPM自体、昨年10月にオープンしたばかりだが、マイケリアンの主導によりものすごいペースで活動している。
他方、PBJでは『物質と記憶』の研究を開始した2015年度から、分析系の議論との接続は意欲的に行ってきた。知覚の哲学時間形而上学、そしてもちろん、デイントンを介して時間経験の哲学へと。そして、今回、CPMの開設に伴い、ベルクソン哲学のもう1つの重要な理論的重心をなす「記憶」についても機が巡ってきた。6月にマイケリアンの元を訪問し、ベルクソンの記憶理論との接合可能性について平井がプレゼンし、今回のWSの開催に至った。

CPMからは主に分析系の理論家、ハイブリッド理論の論文(これが今回の企画の大きなきっかけになった)の著者であるAndré Sant’Annaや、最近Remembering from the Outsideを出版したChristopher McCarroll、ベルクソンのデジャヴュ理論にも詳しいDennis Perrin、私的言語における記憶の問題を論じるReza Mosmerらが参戦。日本からは平井のほか、著名なベルクソン研究者である藤田尚志、永野拓也両氏に加え、言語の観点から記憶にアプローチしている桜木新氏。フランスからは盟友Sebastien Miravète。そしてキーノートとしてバリー・デイントンが参加。

お互いに方法的・理論的に小さくない隔たりがある中で、どうやってより生産的な対話ができるか、それぞれが柔軟かつオープンな姿勢で取り組んでいる点が強く印象に残った。

次の展開については、また後日報告できればと思う。

 

 

コメントは受け付けていません。