京都大学文学研究科にてライプニッツの集中講義

ライプニッツ解釈において、彼の哲学を決定論の一種と見なして済ます立場がある(Adams (1994), Griffin (2013)など)。ベルクソン『意識に直接与えられたものについての試論』も、一定の留保をつけつつも、決定論という言い方を用いている(拙訳、ちくま文庫、二三四頁)。

本講義では、自由の問題を、これと密接に関連する、連続創造説、協働説、予定調和説、さらにそこに胚胎されているライプニッツ固有の時間概念の観点から近年の諸解釈を検討しつつ再吟味する。最近刊行されたベルクソン『時間観念の歴史 コレージュ・ド・フランス講義』におけるライプニッツの扱いにも触れる。

自由、持続、時間、永遠、自発性、作者性、偶然性といった概念装置が近世の哲学においてどのように議論されてきたか、また現在どのような諸理論が提示され、それらの対立点がどこに存するかを理解できるようになる。

基本的には以下の計画に沿って進める。ただし、講義の進み具合などに応じて、扱う項目や順序等は変更する。

授業計画(仮)
第1回 イントロダクション:授業の進め方、文献の紹介、履修上の注意
第2回~第5回 ライプニッツと自由:モナドロジーの基礎、自由の四要素
第6回~第8回 デカルトとスピノザにおける自由:意志と行為と観念の観念
第9回~第12回 創造と同時性の問題:一挙性という時間
第13回~第14回 自発性・作者性・偶然性:時間と自由
第15回 振り返りと総括

日時:2019年8月
20日(火)10:30〜18:00
21日(水)10:30〜18:00
22日(木)10:30〜18:00
23日(金)10:30〜16:15

 

広告
コメントは受け付けていません。
広告