『ベルクソン『物質と記憶』を再起動する』刊行

三年間、分不相応な国際協働研究の代表を務めさせていただき、多くの学びを得ました。素晴らしい研究者のみなさんとかけがえのない出会いを得ました。感謝しかありません。

一応の完結編となる三冊目を出版できた今も、まだ実感はついてきませんが、それよりも今は、この先に見えてくるはずの新たな研究の形に、ワクワクしています。

(売り切れていた一冊目の『解剖』も増刷となりました。この機会に三冊コンプお願いします)

Twitter始めました→右に表示

コメントは受け付けていません。