2018年 12月 の記事

『ベルクソン『物質と記憶』を再起動する』刊行

三年間、分不相応な国際協働研究の代表を務めさせていただき、多くの学びを得ました。素晴らしい研究者のみなさんとかけがえのない出会いを得ました。感謝しかありません。

一応の完結編となる三冊目を出版できた今も、まだ実感はついてきませんが、それよりも今は、この先に見えてくるはずの新たな研究の形に、ワクワクしています。

(売り切れていた一冊目の『解剖』も増刷となりました。この機会に三冊コンプお願いします)

Twitter始めました→右に表示

OneNoteがよい。

メモやノートを記録するのはキーボードだけど、思考をほじくってる(クリエイティブモードmp)ときは、手書きがよくて。
iPadではペンを多用するのですが、ノートは色々試してOneNoteに落ち着いています。
写真のように、画像を貼り付けても、シームレスに手書きできる。もちろん打ち込みもできる。実物の原書にマーカーで引くと、引き直しは無理だけど、できる。
iPadはでかい方。ゲラもPDFのまま朱入れして送り返せる。
論文読むのは、Dropboxに収集して、それをiPadからは標準の「フォルダ」から開くのがポイント。そのままOSの書き込み機能でPDFに書き込めて、勝手に保存される。もちろん同期されるのでパソコンで同じファイルを開けば、書き込みも見える。

DropboxもBoxもiCloudもOneDriveもGドライブも、「フォルダ」から開けるので便利。
ファイルビューが探しにくいのをバージョンアップで改善して欲しい。