OISTでセミナー:ベルクソン、構成論的・工学的

2016年PBJのシンポジウムで登壇していただいたロボティクスの谷淳先生が勤める沖縄科学技術大学院大学(通称OIST)にて、学生たち向けに「理系のためのベルクソン」的なセミナーをということで、しゃべってきました。合わせてゲーム人工知能の三宅陽一郎さんとの鼎談も収録。

Cognitive Neurorobotics Research Unit (Jun Tani)

[Seminar] “How Time Makes Mind: An Expanded Bergsonian Framework for Consciousness Research” by Prof. Yasushi Hirai

https://groups.oist.jp/cnru/event/how-time-makes-mind-expanded-bergsonian-framework-consciousness-research

工学の院生たちが優秀すぎていきなり分かってくれて泣けるレベル。
と同時に自分の思考がとても工学的であることも再認識しました。

oist

OISTの立地も研究環境も感動的なほどすばらしかった。

谷先生との話の中で、リカレント・ニューラルネットワーク(RNN)がいよいよ鍵だなという感じで、やるしかない気になる。C#でプログラムした経験があるなら大丈夫よと言われるが、問題は数学なんです先生。

img_5728

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

広告