時間学特別セミナー 物語と時間

来週は山口大学時間学研究所主催の時間学特別セミナーで喋ります。

平井靖史「時間の何が物語りえないのか――ベルクソン哲学から展望する幸福と時間」

ちょっと立ち止まって、imprévisible rien (in 『思想と動くもの』、『創造的進化』)とは何かということを考えておきたいと思います。心で時間を説明するのではなく時間で心を説明するというロジック。あと、カーネマンを使って速さ逆転問題もベルクソンならどうなるかというのも論じます。時間の質的計測について。

http://www.rits.yamaguchi-u.ac.jp/?p=1533

 

%e6%99%82%e9%96%93%e5%ad%a6%e7%89%b9%e5%88%a5%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%80%8e%e7%89%a9%e8%aa%9e%e3%81%a8%e6%99%82%e9%96%93%e3%80%8f2016-11-22

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中