2015年『物質と記憶』シンポジウム論集

昨年の『物質と記憶』シンポジウム論集が2016年11月に書肆心水より刊行されました。

『物質と記憶』を、アフォーダンス知覚理論、認知科学、時間の分析形而上学、などに接合する新しい試みです。発表時の論文に加え、新規にコラムやリプライ論文などを収録した意欲的なものになっております。ベルクソン研究者の方々のみならず、広く哲学・科学形而上学に関心のある方々に手にとっていただきたいと願います。

2016/09/20追記:
書名が決定いたしました。
『ベルクソン『物質と記憶』を解剖する――現代知覚理論・時間論・心の哲学との接続』PBJ(Project Bergson in Japan)ホームページ:http://matterandmemory.jimdo.com

2016/10/05追記:
Amazonで予約できるようになりました。Amazonページ

2016/11/20追記:
出版社である書肆心水の特設ページにて、藤田尚志さんによる「はじめに」と私の解説的「序論」が読めます。今『物質と記憶』を読む意義について、力を込めて書きました。是非ご一読いただければ幸いです。
http://www.shoshi-shinsui.com/book-bergson2015.htm

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中