終わりと始まりの時間論

文化学科のブログにベルクソンの時間論的心身論について書いてみました。
学科の学生(現在または未来の)向けなので、かなりかみ砕いてみたもの。

http://culturefukudai.blogspot.jp/2014/12/blog-post_29.html

「保持される過去」(および現働的凝縮)と「保存される過去」(および潜在的凝縮)からなる垂直的時間構造が、われわれ人格の心理的エンティティを構成的に説明するということ。

広告
  1. Shoot, who would have thgouht that it was that easy?

  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中