第三回ネットワーク日本哲学で発表

 

日時 2014年3月16日(日)13時30分〜 場所 京都大学文学部新館2階 第二演習室

プログラム 『現実・因果・必然』

平井 靖史(福岡大学准教授) 「垂直的時間と様相の内包化

−デカルト・スピノザ・ベルクソン−」

藤村 安芸子(駿河台大学准教授) 「日本倫理思想史における「おのずから」

—古代を中心にー」

 

 

チラシ第三回

 

 

 

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中