二源泉シンポ2011

10月23日(日曜)のプレ・イベントを皮切りに、24日東京シンポ、25日東北訪問を経て、27日京都シンポ、29日福岡シンポ、と一週間で日本を縦断する巨大企画。

自分がお手伝いできたのは、

  • 日曜日の若手セミナー司会
  • 月曜日の発表
  • 金曜日〜土曜日のシャトル運転手(笑)
  • 日曜日(30日)の太宰府観光案内
くらいですが、ともかく無事に終わってほっとして一息。

シンポジウムをオーガナイズしてくださった安孫子先生、藤田さん、杉村先生、たいへんお疲れ様でした。

(私自身は参加できませんでしたが)村山さんのご協力でなされた東北訪問も含めて、画期的なイベントだったと思います。

また、翻訳についても、ほんとうにすばらしいと思いました。大変読みやすく、短時間で要旨を掴むのに何度も参照させていただきました。このままにするのがもったいないほどのできばえだと思います。短い時間でこれほどの仕事を完遂された伊東さんをはじめとする翻訳チームの皆様に、あらためてお礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。

もちろん、バイトの学生の皆さんの、配慮の行き届いた活躍がなければ、このような会を執り行うこと自体不可能だったということは言うまでもありません。ありがとうございました。

各開催校での充実した発表・討議ももちろんですが、藤田さんの発案による福岡編の各種特別企画、海を前にしての高級寿司(とりわけ躍動的な活きアワビ)、その後訪れた民家での生ジャズ演奏、贅沢なコテージ、シンポ後のアットホームな飲み会など、普通の学術的な交流だけでは得られない人間的なふれあいを持てた点は、翌日、日曜日に彼らの様子を見ていて特筆すべき点だなと感じました。

発表や討議の時に、後からああ言えばよかったとか、いろいろと思いつくことが多く、機敏に的確な討議ができるスキルがまだまだ足りないな、と反省することしきり。

伸びしろ、ありすぎ(笑)。

くそう、頑張ろう。

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中