第28回 ベルクソン哲学研究会 発表原稿

3月に開催される第29回ベルクソン哲学研究会での平井の発表は、2010年9月に開催された第28回での発表の事実上続きの議論になります。もちろん発表は可能な限り完結した形で行われる予定ですが、事前に前回原稿に目を通しておいていただけると、議論展開のトレースがよりスムースになるかと思います。

第28回ベルクソン哲学研究会での発表原稿(平井靖史「ベルクソンの時間存在論―直接想起説と濃縮説について」)は、こちらからPDFでダウンロードいただけます。

 

コメントは受け付けていません。